こめ油は国産原料

こめ油は国産原料から抽出されるほぼ唯一の植物油です

こめ油の原料は米ぬかです

・我が国の食用植物油の原料(大豆、なたねなど)はほぼ100%輸入原料を使用しております。

 

・その中で、我が国の食用植物油の国産原料の98.8%は、「こめ油」の原料である「米ぬか」が占めてお      

 ります。

 

・したがいまして、こめ油は我が国において国産原料から抽出されるほぼ唯一の植物油といえます。

 

・国内の植物油の原料処理量に占めるこめ油の割合はわずかですが、「国産原料」ということではこめ油は日本が誇るべき植物油と言えるのではないでしょうか。

 

 

  ○食用植物油の生産おける国産原料処理量と輸入原料処理量                       単位:トン      

 

 油脂原料名  原料処理量(2018年)  原料処理量(2017年)
 国産原料計      331,768     333,455
  大豆        420             -
  なたね         2,278

       1,633

  米ぬか      327,765

    330,627

  落下生          1,296

       1,171

  その他                9

           24

 輸入原料計

   5,060,173   5,165,007 
  大豆    2,392,700   2,432,443 
  なたね    2,345,656    2,420,355

  とうもろこし

     175,943     172,908

  ごま

     111,929     106,687
  綿実       28,416      27,462
合計 

   5,391941

   5,498,462

資料:農林水産省「油糧生産実績」

 

こめ油は学校給食に使用されています

学校給食に使用されている植物油の約4割はこめ油占めております。

 

  ○学校給食における地場産物・国産食材の使用割合(食材別)

                                                                   単位:%   

 食材名  地場産物  国産食材
 植物油脂類  0.8%  36.5%

 資料:文部科学省「学校給食栄養報告」(2017年度)

 

 植物油脂類の国産食材の99%がこめ油であることから、本調査における国産食材は「こめ油」と考えられます。

 なお、2016年度の割合は37.0%です。